asahi.com(朝日新聞社): 原発

東京電力福島第一原発事故を検証する国会事故調査委員会の黒川清委員長は16日、事故発生時に政権中枢にいた政治家からも公開で事情を聴く考えを示した. 政府の事故調が原因究明を優先しているのに対し、責任追及の姿勢を打ち出す. 東京都内で開いた同委の2回目の会合後の記者会見で語った. 当時の菅直人首相や枝野幸男官房長官、海江田万里経済産業相らが対象. こうしたメンバーの委員会招致を黒川氏は「検討事項に入っている」と述べた. 招致時期は「一番大事なのは何を質問するかだ. 相手はベテランだ」と指摘. 準備に時間をかける必要があるという認識も示した. 政治家が参考人として出席に応じない場合、国会事故調は証人として出席を強制する議決を衆参両院の合同協議会に求めることができる. 一方、政府事故調はこれまで東京電力や政府関係者、科学者ら456人に原則非公開で聞き取りを実施. 黒川氏は「どういう人に聞いたか、リストを請求できるのか、お互い接触している」として、連携を強めていく考えだ. ナイキRT1 – ダークグレイ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s